☘家族介護

家族の介護は突然やってきます!

自分がケアラー(家族介護する人)になって初めて経験すること&キモチ。

介護される方も大変だと思いますが、施設ではプロの方が対応してくれます。

施設の方は、家族の悩みも聞いてくれるとは言ってくれても、介護される側中心になり、そんな時間はないまま毎日を過ごし、知らないうちに色んなストレスを抱えていました。

家族の介護は一人で頑張りすぎず、自分を癒すことも大切です。

介護施設や、介護サービスを利用している間は、家族の息抜きの時間。

家で介護するためにリフレッシュをしないとですし、してもいいんだなと改めて思いました。


家族介護は人ぞれぞれ。どんな人も大変だと思います。

私の短い経験からですが、ケアラーとして思ったこと、困ったこと、役だったことなど、必要な方に参考にしていただけたらと思います。

■講座

「40代から考える親の終活、自分の終活」

~私の「困った」を共有します! 困った私は「終活ライフケアプランナー」になりました~

講座時間:約2時間 / 参加費:5,000円(税込)

※オンライン講座でご用意しております。お気軽にお問合せください。

※カメラ付きのPC環境を推奨しております。スマホでも可能ですが資料も見ていただくためPCをお勧めしております。


親が、パートナーが終活をしていないことで、残された家族がどんなことに困るのか。

義母に突然「ガン」が見つかり、闘病の末、義母は終活をしないまま永眠してしまいました。

悲しむ間もなく、色んなことをしなくてはいけないけど、色々分からないことが多く、困った私たち夫婦。

そこで改めて「終活」の大事さを知り、何が必要なんだろうと勉強したくなり「終活ライフケアプランナー」の資格を取りました。

「終活」は悲しい活動ではなく、「どう生きるか」を考え、大切な家族のため、そして自分のための活動です。

「終活」という言葉の表現が良いかはわかりませんが、いつか訪れる最期が、本人にとって、家族にとって幸せな日になるような準備について、私の困ったポイントを共有しながら「終活」を少し考えるきっかけになればと思っています。

ケアラー(家族介護)